3つのメリット

ご挨拶

代表

ご挨拶

ページの先頭に戻る
歩み

▼昭和34年 学用ノートの製造からスタート
文具問屋を営んでいた前身の会社「佐藤洋行」の頭文字S.T.Yをとりエステイワイ工業とし、「モノ造り」をしたいという意志のもと、ノートの製造技術を学び、学用ノートの製造メーカーとしてスタートしました。

▼昭和39年 手帳の製造を始める
製品の多角化を計るために付加価値の高い手帳を作るべく機械設備を導入し、色々と苦労しました。あらゆる要望に果敢にチャレンジする当社のスタンスはこの時から受け継がれたものなのかもしれません。

▼昭和40年 プラスチック製品の製造事業を開始
「手帳の表紙も自社工場で作ろう」という声から、プラスチック・ビニール製品の製造を開始しました。その後、お客様からの要望に応じて、通帳袋やバインダーファイルなど多種多様な製品が誕生しました。

▼現在
販促品やノベルティなど異分野への挑戦!お客様からこんな物を作ってほしいといったご要望がきっかけで、今まで手掛けたことがなかった産業資材分野にも挑戦するようになりました。異分野でもお客様の要望に応じて、オリジナル製品を作っていきたいと考えており、文具業界の垣根を越えた製品作りを考えております。

ページの先頭に戻る
会社沿革

昭和34年 8月 東京都墨田区向島1丁目14番地に於いて学用紙製品製造業 「エステイワイ工業」を佐藤敞一個人にて創業。
昭和37年10月 エステイワイ工業株式会社(資本金100万円)に組織変更 佐藤敞一代表取締役に就任。
昭和39年 4月 オリジナル製品、セレクトブランド紙製品(手帳、アドレス)の販売開始。
昭和40年 9月 高周波ウェルダーを設備し、バインダー、ファイル等ビニール製品の総合的生産を開始。
昭和48年 8月 本社及び工場を現在地に移転、設備の拡充を図る。
昭和55年 9月 資本金400万円に増資。
昭和56年 7月 江戸川倉庫完成。
昭和60年 3月 松戸市上矢切471に松戸工場竣工、稼働開始。松戸倉庫完成。
昭和60年 9月 資本金800万円に増資
昭和63年 9月 資本金1,600万円に増資。
平成元年 7月 新本社ビル用地を江東区毛利町(錦糸町)に取得。
平成元年 9月 資本金2,000万円に増資。
平成 3年10月 松戸工場を松戸市矢切471より現地に移転竣工。工場規模の拡大を為す。
平成 6年 8月 佐藤敞一が代表取締役会長に、佐藤賢一が代表取締役社長に就任する。
平成15年 2月 紙製品工場を松戸工場に移転統合。
平成24年 8月 創立50周年を機にSTY株式会社に商号を変更。
平成25年 3月 新本社ビル用地を江東区毛利町より墨田区押上に買い替え。

ページの先頭に戻る
お問い合わせフォーム
  • オリジナル文具
  • バインダー
  • メモ帳
  • 手帳
  • ビニール・プラスチック
  • その他
  • ノベルティー・POP
  • あらゆる製本

お問い合わせ

製造・ノウハウについて

よくある質問

会社概要

チェレンジ25


ページの先頭に戻る